ヘアブラシの洗い方

N853_sensu長く使っているヘアブラシ、洗わずにそのまま使い続けていませんか?ヘアブラシには10万近い雑菌がいます。どんなにきれいにしていても、これだけの雑菌がいると思ってください。髪の毛がついたヘアブラシにはもっといますから、髪をとかしたら、1本もヘアブラシについていないことを確認しましょう。毎日洗うのは大変だと思います。1週間に1回は洗うようにしましょう。ヘアブラシはどうやって洗ったらいいのかを説明します。洗面器に少し熱めのお湯をいれましょう。そして、その中に中性洗剤を入れます。ヘアブラシについた汚れは目には見えない汚れがたくさんあります。何時間も浸けておくと汚れが溶け出して浮いてきますので、そうなるまでじっくり浸けておきましょう。中性洗剤には殺菌作用があります。長時間浸けておいたほうがヘアブラシの殺菌になっていいと思います。洗い流すときは時間をかけて行うようにしましょう。短時間では洗剤かすが残って、かえって菌を繁殖させてしまう原因になります。しっかりすすぐことを心がけましょう。菌が繁殖するという話を聞いて不安になった人もいると思いますが、定期的に洗っていれば大丈夫ですので安心してください。洗浄の仕方をお伝えしました。次は、どんなヘアブラシを選べばよいのかをお話します。たくさんの種類があって迷ってしまいます。みんながどんな髪になりたいかと聞かれたら、さらさらで指通りの良い髪と答える人が多いと思います。猪毛のヘアブラシにはタンパク質が含まれていて、タンパク質が髪にいい影響を与えるので、願い通りのサラサラの髪になることができます。梳かすときの負担が他のヘアブラシと比べて全然ちがいます。髪がからまったり、静電気が発生しませんから、髪がダメージを受けることがないんです。毎日のブラッシングは健康な髪を作るのに大切です。合わないものを使っていては髪が硬くなってしまって、髪のためにはよくありません。猪毛で毎日ブラッシングを続けると、ダメージを受けてしまった髪もタンパク質によって元気になっていくことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です